人生を楽しむ

100均ノートで2019年の夢ノートを始めました。

 

2019年が始まったばかりだったのに、あっという間に1月も終わってしまいますね。

 

本当に毎日時間が進むのが早くて、子供の成長も昔以上に早く感じる!

早すぎて寂しいです。

 

一日一日をもっと大切に丁寧に過ごしたいのに全くそんなことができそうにありません。

 

 

さて、2019年の夢リストを書くために100均で小さなノートを買ってきました。

大きな夢から小さな夢まで書き込むなんでも書いちゃう夢ノートです。

 

 2019年の夢ノートを始めました。

 

夢ノートはどんなノートを使ってもOK!

 

書いていてわくわくするようなおきにいりの一冊を準備しましょう。

 

私はシンプルなのが好きなので、100均でシンプルな小さめのノートを買いました。

 

私の夢ノートはこんな感じです。

 

ちょこちょこ隠してありますが、よく見たら買うものばかり。笑

お金がかかることばかりで達成するにはお金が必要だから頑張って稼がないと。

 

夢ノートというよりは、やりたいことリストみたいになってますね。

 

他のページにもたくさん書きました。

 

すぐに叶えそうな小さな夢から頑張っても無理そうな大きな夢までたくさん書き出しました。

 

とにかく思いつくものを書き出したので、今すぐできそうなことから頑張っても無理なんじゃない?!くらいなことまで。

 

書いた後は基本的に放置していますが、たまにノートを開いて見返したり書き足したりしています。

 

頭に思い描くだけでなく実際に文字にして書き出してみると夢が叶いやすくなりますよ。

 

 

夢ノートをやってみよう

 

私は夢ノートや引き寄せノート系の本は何冊か読んだことがありますが、参考にする程度で必ずこうしている!という決まりはありません。

 

どの本を読んでもだいたいやり方はほとんど一緒かなーって印象なんですが、自分に合ったやりやすいやり方でいいと思います。

私は意外と真面目な性格なので、絶対こう書かないと叶わない!とか考え始めるとキリがなくて疲れるので自分流に好き勝手書いています。

 

私は細かいことは気にせずにとにかくやりたいこと、欲しいもの、行きたい場所、こういう人になりたいという願い事を書き出しています。

 

本にはよく願い事は現在形や完了形で書くといいと書かれていることが多いです。

 

“〇〇が欲しい”

ではなく、

“〇〇を手に入れた”、“〇〇が手に入った”

など欲しいものが手に入っている状態を想像しながら書くんです。

 

“〇〇に行きたい”

だったら

“〇〇に行く”、“〇〇に行きました”

 

“痩せたい”

ではなく、

“〇キロ痩せました”

など、具体的な数字と姿を想像して完了形で書く方が効果的です。

 

 

書き方はさまざまですが目標や自分の願望を明確にすることはすごくおすすめです。

自分の夢を買いだすことで明確にし、もし目の前にチャンスが来た時にはすぐに手を伸ばすことができます。

 

 

 子供にもぜひ夢ノートを

 

私は子供にも夢ノートをおすすめしています。

 

子供なので書き方は適当でもOKです。

とにかく自分のやりたいことリストとして書きます。

 

子供の頃から自分の夢ややりたいこと、好きなことを明確にする癖をつけるのはすごくいいことです。

自分がどんなことが好きでどんな夢があって夢を叶えるためにはこういうことをしていこう!と自分で考える機会にもなります。

 

大人になっても自分が何がしたいのか、何が好きなのか、夢はなんなのかわからない人って多いですよね。

 

あの本田圭佑選手やイチローも夢ノートを子供の頃からやっていたそうです。

 

 

2019年はぜひ親子で夢ノートを始めてみましょう。